スーパーで汲める無料の水とウォーターサーバーと比較

スーパーの無料の水って?

スーパーの無料で水をもらうことができる大型の浄水器を見たことがある方も多いことと思われます。しかしながら、実際に使用したことがない方の中には、あの浄水器を使用することでもらえる水の実態が分からず、興味はあるが使用したことはないという方も少なくないでしょう。ここでは、多くのスーパーが行っている水の無料提供サービスの実態や目的、もらうことができる水の種類、衛生面、ウォーターサーバーとの違いについて解説し、その実態を明確にしていきたいと思います。

なぜ無料でもらえるのか

どうして無料で水がもらえるの? まずは、多くのスーパーが行っている水の無料提供サービスについて、その目的を明確にしていきたいと思います。

基本的なシステム

まずは、多くのスーパーが行っている水の無料提供サービスの基本的にシステムについて解説します。

多くの場合、スーパーに設置された浄水器で水を無料でもらうためには、専用の容器を使用しなければなりません。この容器は有料であることも多く、厳密には容器を購入した方のみが無料で水をもらうことができるシステムとなっていることが多いようです。

そのため、無料でもらうことができるとはいえ、一度容器に水を入れたら、基本的にはその水を消費しきらない限り次の水をもらうことはできないため、もらい放題ではないということは覚えておく必要があります。

また、店舗によっては、このサービスを会員限定としている場合もあり、利用するためには、個人情報などの登録が必要となることが多いという点も覚えておいてください。

集客が目的であることが多い

このサービスで提供される水は無料であるため、店舗側にとっては赤字となってしまうことがほとんどです。しかしながら、このサービスの本来の目的は集客であり、そのことはこのサービスを会員限定としている店舗が多いことからも明白です。

そのため、同価格帯のスーパーがひしめき合っている地域では、このような水の無料提供サービスを通して集客を図っている店舗も多く、より充実したサービスを受けることが可能です。

一方で、このサービスには水が入った状態の重たい容器を家まで持ち運ばなければならない手間がかかることから、長期的に利用する方は実際には少ないという側面もあります。そのため、集客という意味での効果は限定的であり、中には一度サービスを開始したものの、思ったような効果が得られずに、すぐに中止してしまう店舗も存在します。

このようにスーパーにおける水の無料提供サービスには集客という明確な目的があるものの、必ずしもその目的が達成されているわけではなく、中にはこのようなサービスの導入に対して消極的なスーパーも少なくないという点は覚えておく必要があります。

RO水

RO水のメリットとデメリット

スーパーでもらうことができる水の種類は、各々のスーパーによって異なりますが、その中でもRO水は比較的多い種類のひとつとして挙げることができます。続いてはこのRO水の特徴やメリット、デメリットについて解説していきたいと思います。

RO水の特徴

RO水は逆浸透膜フィルターと呼ばれる目の細かいフィルターによってろ過されたもので、不純物がほぼ除去されているという特徴があります。RO水は水道水をもとに生成されるため、本来は塩素などの不純物が多く含まれていますが、この高度なろ過技術によって処理がされることにより、安全性は高くなっています。

また、塩素が除去されることにより、塩素を原因とするカルキ臭の除去も可能となるため、飲んだときの風味がよく、コーヒーやお茶などを淹れる際に使用するにも適しています。

メリット

塩素は上述したカルキ臭だけでなく、有機物と化合することでトリハロメタンと呼ばれる発がん性物質も生成するという特徴があります。そのため、塩素が除去されたRO水には、人体に害のある物質が除去されているため、安全性が高いという点で大きなメリットがあります。

また、RO水を生成する際に使用する逆浸透膜フィルターは、その編み目が非常に小さく、一般的な浄水器よりも性能が優れているため、特に小さな不純物も除去できるようになっています。そのため、不純物の含有量が極めて少なく、安全性も高いというメリットもあります。

一方でRO水には浸透力が高いという特徴もあります。そのため、だしを取る際や煮物を作る際に使用すると、素材の味を引き出しやすく、食材との相性がよいという点も大きなメリットのひとつということができます。

デメリット

一方で逆浸透膜フィルターには、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分も除去してしまうという特徴があるため、その品質だけでなく、風味までもが変化してしまうという点はデメリットとして挙げることができます。

また、RO水はミネラルウォーターなどと比較して、価格が安いという特徴もあり、ペットボトル入りのものだと1lあたり100円以下で販売されていることも少なくありません。そのため、そもそも価格が安い水を無料でもらうために頻繁にスーパーへ通い、重たい容器を家まで運ぶのを繰り返すことに節約額相応の価値があるかというと疑問も残ります。

このようにRO水は原価が安いため、無料提供サービスで利用されているという特徴があり、安全性は比較的高いというメリットはあるものの、有料のものを購入しても極端に大きな出費にはならないという事実が存在することは覚えておく必要があります。

アルカリイオン水

アルカリイオン水のメリットとデメリットアルカリイオン水もまた、スーパーにて無料でもらうことができる水の種類として特に多いもののひとつです。続いてはこのアルカリイオン水の特徴とメリット、デメリットについて解説します。

アルカリイオン水の特徴

アルカリイオン水の定義は明確なものがなく、取り扱う業者などによって微妙な違いがあることもあります。しかしながら、多くの場合、アルカリイオン水はアルカリイオン整水器で電気分解を行うことで生成されており、スーパーなどで設置されている機器それ自体がアルカリイオン整水器であるということも少なくありません。

また、アルカリイオン水はpHが8.5以上のものを指し、アルカリイオン整水器で電気分解を行った特にpH値の高いアルカリ性のものをアルカリイオン水と呼ぶと認識するのがよいでしょう。

メリット

アルカリイオン水の生成で使用されるアルカリイオン整水器の中でも、特に家庭用医療機器のアルカリイオン整水器の場合、それによって生成されたアルカリイオン水には胃腸症状の改善効果があることが厚生労働省によって認められています。そのため、医療機器ではないアルカリイオン整水器によって生成されたアルカリイオン水にも同様の効果が期待でき、その点は大きなメリットとして挙げることができます。

また、アルカリイオン水はRO水程の高い精度はないものの、不純物の除去も十分に行われており、その安全性に大きな問題はないという点もまた大きなメリットということができます。

デメリット

アルカリイオン水の効能に関しては、疑問を呈する声も絶えないという点は忘れてはいけません。このことは水素水の効能に関して否定的な声が絶えないことにも似ており、その効能に対して過度な期待をすることは避けたほうが無難です。

また、アルカリイオン水の場合もRO水と同様に原価が安いという特徴があります。特にペットボトル入りのものの場合2lでも100円以下で販売されていることは珍しくないため、RO水と同様に、ただでさえ安いものに家に運ぶ手間などをかけてまで無料でもらうだけの価値があるのかという疑念はぬぐい切れません。特に子育て中の方にとって、重たい容器を家まで運ぶことには大きな負担がかかるため、同じアルカリイオン水であるなら、多少お金はかかっても、自宅まで配達してくれるサービスを利用したほうがよいといえるかもしれません。

衛生面の問題

スーパーの水の衛生問題 スーパーなどで設置されている大型の浄水器は、不特定多数の方が使用するため、その衛生状態に関して不安を抱く方が多くても何ら不思議なことではありません。続いては、スーパーにおける水の無料提供サービスにつきまとう衛生面での問題について解説します。

水道水をもとに生成されたものがほとんど

スーパーにて無料でもらうことができる水の多くは水道水から生成されたRO水やアルカリイオン水です。そのため、処理が行われる前のもともとの状態では、塩素などの不純物が多く含まれていることが考えられます。

しかしながら、RO水の場合は網目の細かい逆浸透フィルターを使用し、それらの不純物が除去されるため、塩素を原因とするカルキ臭などもなく、その品質には特に問題はありません。

また、アルカリイオン水に関しても、機器内に搭載されたアルカリイオン整水器によって生成されていることが多く、不純物の処理なども十分に行われていることから、その品質に対する過度な心配は必要ないといえます。

機器そのものの衛生状態

一方でこのような水の無料提供サービスで利用される浄水器をはじめとした機器は、不特定多数の人が利用するため、その衛生状態に不安を感じる方は少なくないでしょう。

そのような顧客の不安を解消するため、スーパーによっては数時間ごとに機器を消毒し、確実に行われたことを証明する確認表などを機器の上部に掲示している場合もあります。そのため、より安全性の高い機器を使用するためには、このような確認表があるスーパーを探してみるのがおすすめです。

自身で行える対策

しかしながら、このような衛生状態の管理を目的とした対策はすべてのスーパーで十分に行われているとは限らないため、利用者自身でも可能な限り安全性を高めるための対策を講じなければなりません。

例えば、もらってきた水は沸騰させてから飲むようにし、必ず冷蔵庫内で保存をするようにすれば、安全性を高めることが可能です。特に小さな子どもに飲ませる場合は、これらの対策を必ず講じるようにし、細菌の感染などを防ぐ必要があります。

また、使用する容器にも最近は繁殖しやすいため、一度空になった容器はしっかりと洗い、よく乾かしてから再度使用するようにしましょう。

ウォーターサーバーとの比較

ウォーターサーバーとスーパーの水の比較

特に小さな子どもがいる家庭では、子どもに飲ませる水の安全性にも常にこだわらなければなりません。しかしながら、スーパーにて無料でもらうことができる水の安全性は常に保証されているわけではありません。

続いては、スーパーにて無料でもらうことができる水とウォーターサーバーの水を比較し、子育て中の方によりおすすめできるのはどちらなのか考えてみたいと思います。

品質の違い

子どもに与える水について最も気になる点がその品質です。スーパーにて無料でもらうことができる水の場合、不純物は取り除かれているものの、その品質は天然水ほど高くはないため、特に煮沸などをせずにそのまま飲ませるといったことは避けたほうがよいでしょう。

一方で、ウォーターサーバーで使用される水は種類が豊富であるだけでなく、有料である分その処理もしっかりと行われており、その品質はスーパーにて無料でもらえるものよりも優れています。また、特にボトル式のサーバーの場合、賞味期限や成分などが表示されているという点でも大きな安心感を得ることができます。

しかしながら、ウォーターサーバーの水の中には、赤ちゃんに与えると下痢などを引き起こすこともあるミネラルウォーターも多いため、子どもに与えるのであれば、それ以外のものを扱っている業者を探す必要があります。

家まで運ぶ手間を省ける

ウォーターサーバーとスーパーにて無料でもらえる水を比較した際に分かる大きな違いのひとつが、重たい容器を家まで運ぶ手間が省けるという点です。

特にボトル式のサーバーの場合は、水が入ったボトルを業者が定期的に配達してくれることがほとんどであるため、子育て中の方にとって、大きな助けとなります。また、水道直結式ウォーターサーバーは、その名のとおり水道に直結させて使用するため、ボトルを受け取る手間すら省くことができるという点で大きなメリットです。

ウォーターサーバーならではの機能も充実

ウォーターサーバーには温水機能や内部の自動洗浄機能などのさまざまな機能が搭載されています。これらの機能は、衛生面での安全性の向上や、子どものミルクや離乳食を作る際などにも活用できるため、特に子育て中の方にとっては有意義な機能ということができます。

まとめ

ここではスーパーにて無料でもらうことができる水の正体や特徴について解説すると同時に、それらをウォーターサーバーと比較し、子育て中の方によりおすすめできるのはどちらなのか解説してきました。

ウォーターサーバーは、その安全性の高さだけでなく、さまざまな手間を省くことができるという点で子育て中の方にとって多くのメリットがあり、スーパーで無料の水をもらうよりもおすすめすることができます。

また、以下におすすめのウォーターサーバーを取り扱う業者をランキング形式でご紹介しますので、ご自身の希望に合った業者を探してみてください。

>>おすすめのウォーターサーバーの情報はこちら!<<