どうしてスーパーで無料で水をもらえるの?実はみんな気になっているその仕組みをご紹介

なぜ無料で水がくめるのか?その仕組は?

無料の水が気になる人 無料で水をもらうことができるサービスを行っているスーパーの存在をご存知の方は多いことと思います。しかしながら、実際にそのサービスを利用したことがない方の中には、無料でもらうことができるという点から、その品質などに対して不信感を抱いている方も多いのではないでしょうか。ここではこのようなスーパーで行われている無料で水をもらえるサービスや仕組みについて解説します。

RO水をもらえる店舗が多い

スーパーの無料でもらうことができる水の品質に対して、不安を感じている方は少なくないでしょう。しかしながら、このようなサービスで提供されているものの多くはRO水と呼ばれる高度なろ過機能を利用して不純物の除去などが行われているものであるため、その安全性に対する過度な不安は不用です。

また、RO水はピュアウォーターという別名で呼ばれることもあり、ただの水道水と比較しても、その安全性は高くなっています。

容器を購入すると無料で水がもらえる

このようなサービスを行っている店舗の多くでは、容器のみを有料とし、その容器を使用する限り、いくらでも水の提供を受けられることとしています。特にRO水は1lあたり安くても100円以上はするため、顧客にとっては大変お得です。

そのため、店舗側にとって、このサービスは利益を生むどころか、大きな損失を生むことすらあり、傍から見るとなぜそのようなサービスを行っているのか分からないこともあります。

集客を目的とするものが多い

しかしながら、このようなサービスには集客を生むという点で大きな意味があります。例えば、水を汲むために来店した顧客がついでに買い物をしてくれれば、トータルでは利益を生むことが考えられます。

また、近隣に商品の価格帯などにも大きな差がなく似たようなスーパーがある地域では、このようなサービスが顧客の囲い込みにおいて大きな効果を発揮することもあるでしょう。そのため、このようなサービスは水そのものを生み出す損失ではなく、トータルでの利益を生むことを目的としており、無料で水の提供を行っても問題がないどころか、利益を生むことすらあります。それが無料で水を汲める仕組みとなっています。

会員の取り込みに利用するケースも

また、このようなサービスを行っているスーパーの中には、会員登録を行った顧客のみが水の無料提供を受けられることとしているスーパーも少なくありません。

この場合もスーパーは無料で水の提供を行うことにより、固定客の取り込みができるため、結果的に大きな利益を生むことができるという仕組みになっています。

実際の利用客は少ない場合も

しかしながら、このサービスでは、重たい容器を家まで運ばなくてはならない上、頻繁に水をもらいに行くのが面倒だと感じる方も少なくないことから、長期的に利用する方は実際には少ない場合もあります。

そのため、思ったような集客効果を得られないことも多く、一度はサービスを開始したものの、すぐに中止してしまうというケースも決して少なくはありません。

まとめ

水の無料提供サービスを行うスーパーは頻繁に目にすることができます。また、その目的や仕組みは集客や会員登録数の増加であることが多く、リピーターを多く生むという点でも一定の効果が期待できるサービスといえるでしょう。

しかしながら、このようなサービスを行う店舗が多くなったことで、サービスそのものの真新しさは消え去ってしまい、顧客の興味を引くだけの魅力が少なくなってきていることも事実です。特に重たい水を定期的に自力で運ばなければならないことは顧客にとって大きな負担となることから、有料でも構わないので市販品の配達サービスを利用して購入したいと考える方が多くなっていることも決して不思議なことではありません。