ピュアウォーターRO水ってなに?スーパーで無料のお水について特徴をご紹介

スーパーでくめる無料のお水の種類:ピュアウォーター「RO水」の特徴

ピュアウォーターRO水を飲む女性たち。 スーパーの無料でもらうことができる水は、店舗によって種類が異なる場合もあります。そのため、その安全性や適している使用方法について知るためには、もらえる水の種類を知っている必要があります。ここでは、スーパーでもらうことができる水の中でもアルカリイオン水と同様に特に多いRO水の特徴やメリット・ デメリットについて解説します。

スーパーの無料でもらえる水の多くはRO水

スーパーの無料でもらうことができる水は、容器などは有料である場合もあるものの、原価割れを起こしていることが多く、それだけでは損失が生じていることも少なくありません。

そのため、このサービスでは、安全性に問題はないものの、原価が安いRO水が使用されていることが特に多いという特徴があります。しかしながら、RO水はピュアウォーターなどの名称で販売されていることも多く、無料でもらえることがお得であることに変わりはありません。

RO水の特徴

スーパーなどの無料で提供される原価の安いRO水は、多くの場合、水道水をもとに作られています。そのため、塩素などの含有量に不安を感じる方も少なくないことと思われます。

しかしながら、RO水は逆浸透膜フィルターと呼ばれる目の細かいフィルターによってろ過されたものであるため、塩素をはじめとした不純物はほぼ除去されています。

そのため、RO水自体の安全性には問題はなく、また、塩素が原因となるカルキ臭なども除去されているため、飲むだけでなく調理などにも幅広く使用することが可能です。

RO水のメリット

塩素は上述したカルキ臭の原因となるだけでなく、有機物と化合することでトリハロメタンと呼ばれる発がん性物質を発生させるともいわれています。しかしながら、スーパーでもらうことができるRO水は無料であるにもかかわらず、それらの有害物質が除去されているため、水道代を払って水道水を飲むよりも多くのメリットがあります。

また、RO水を生成する際に使用する逆浸透膜フィルターは、一般的な浄水器よりもその性能が優れており、特に小さな不純物も除去できるようになっています。そのため、不純物の含有量が極めて少ないという点でもRO水には大きなメリットです。

一方、RO水には浸透力が高いという特徴もあるため、だしを取る際や煮物を作る際に使用すると、素材の味を引き出しやすいという特徴もあります。そのため、食材との相性がよいという点も大きなメリットのひとつです。

RO水のデメリット

一方でRO水の高度なろ過機能では、カルシウムやマグネシウムなどの体に害のない物質も除去してしまうという特徴があります。ミネラルウォーターなどにも多く含まれているこれらの物質は、その品質だけでなく、風味にも大きく影響するため、その含有量が少ないRO水は、風味などに物足りなさを感じることもあるかも知れません。

また、RO水はミネラルウォーターなどと比較して、価格が安いという特徴があり、1lあたり100円以下ということも少なくありません。そのため、そもそも価格が安い水を無料でもらうために頻繁にスーパーへ通い、重たい容器を家まで運ぶのを繰り返すことに節約額相応の価値があるかというと疑問も残ります。

まとめ

ここではスーパーなどの無料でもらうことができる水の中でもアルカリイオン水と並んで特に多いRO水について、その特徴やメリット・ デメリットをご紹介しました。

RO水は原価が比較的安く、安全性も高いことから、このようなサービスに頻繁に使用されていると考えることができます。しかしながら、天然水やミネラルウォーターなどと比較すると、その特徴にはデメリットも見られることから、日常的に使用するのであれば、それらの特徴についても熟知しておく必要があります。