スーパーで無料のあのお水は衛生面が不安!その実態と衛生対策をご紹介

スーパーマーケットと不安そうな男女のイラストスーパーなどでもらうことができる水は、無料という時点でコストパフォーマンスが優れており、頻繁に利用している方も多いことと思われます。しかしながら、その衛生面に関して不安を感じるという方が多いこともまた事実であり、そのような不安が解消されない限り使用したいとは思わないという方もまた多いのではないでしょうか。

ここでは、このようなスーパーでもらうことができる水の安全性に関して、衛生面という観点から解説していきたいと思います。

道水をもとに生成されたものが殆ど

スーパーなどの無料でもらうことができる水の多くは、水道水をもとに生成されたRO水かアルカリイオン水であることが殆どです。このうちRO水は、逆浸透膜と呼ばれる目の細かい膜を使用したろ過装置でろ過が行われているため、塩素などの不純物が除去された状態となっています。スーパーなどに設置されている無料のサーバーには、このようなろ過装置が搭載されていることも多く、その場でろ過されるという点でも、その品質は一定の基準が満たされていると考えることが可能です。

一方でアルカリイオン水は電気分解がされたアルカリ性の水で、その処理を行うための装置がサーバー内に搭載されていることも少なくありません。そのため、アルカリイオン水の場合も、その場で水の処理が行われているという点で一定の品質の基準が満たされていると考えることができます。

このように、スーパーの無料でもらうことができる水は、その種類にかかわらず一定の品質が保証されており、水そのものに人体に大きな害を及ぼすような危険性がはらまれている可能性は極めて少ないということです。

ウォーターサーバーそのものの衛生状態には疑問も

一方で水そのものの安全性よりも、設置されているウォーターサーバーの衛生状態が気になるという方は少なくないでしょう。特に不特定多数の人が利用するウォーターサーバーには、細菌が付着していても気がつかないだけでなく、もらった水は加熱処理などを行わず、そのまま飲むことも多いため、その安全性に対して多くの方が不安を感じることは不思議なことではありません。

このような利用者の不安を解消するため、店舗によっては数時間ごとにサーバーを消毒し、確実に行われたことを証明する確認表などをサーバーの上部に掲示している場合も少なくありません。そのため、より安全性の高いサーバーを使用するためには、このような確認表があるサーバーを探してみるのがおすすめです。

一方で確認表の掲示や数時間ごとの消毒は義務付けられているわけではないため、これらの対策を行っていない店舗も存在します。そのため、そのようなスーパーでは、サーバーそのものの衛生状態は保証されておらず、安心して使用することは難しいといわざるを得ません。

自身で行える対策

スーパーにて無料でもらった水を安心して飲むためには、利用者自身でもその対策を講じる必要があります。

例えば、もらってきた水はできるだけそのまま飲むことは避け、一度沸騰させてから飲むのがおすすめです。また、細菌が含まれている場合、常温放置することで細菌が繁殖してしまうこともあるため、持ち帰った水は冷蔵庫に入れて保存するようにしてください。

一方で衛生面に気を使う場合は、使用する容器の洗浄も頻繁に行わなければなりません。そのため、一度空になった容器はしっかりと洗い、十分に乾燥させてから次の水をもらいに行くようにしましょう。

まとめ

ここではスーパーにて無料でもらうことができる水の衛生面に関する安全性について解説してきました。

このような水は無料で提供されている分、その管理が十分に行われていないことがあっても不思議ではないため、可能な限り利用者自身でも安全性を高めるための対策を講じなければなりません。また、より安心して使用できるサーバーを設置している店舗を探すためには、複数の店舗を比較し、管理体制の状態を確認するようにするのがおすすめです。