スーパーで無料のお水とウォーターサーバーのお水を比較!ベストな飲み方とは?

無料の水とウォーターサーバーの水について考える女性スーパーなどでもらうことができる水は無料であることから、その品質や安全性には限界があるといわざるを得ません。

一方で家庭向けウォーターサーバーには、子育て中の方にとっても大きな利点が複数あり、その活用の幅も多岐にわたります。

ここでは、スーパーなどで水をもらう場合とウォーターサーバーを家庭内で導入した場合を比較し、子育て中の方に適しているのはどちらなのか考えていきたいと思います。

品質の違い

スーパーなどでもらうことができる水は、ペットボトル入りのものも販売されているRO水やアルカリイオン水であることが殆ど思います。これらの水は不純物などの処理がされている一方、ミネラルウォーターほどの品質の高さは保証されておらず、小さな子どもに飲ませることは避けるのが無難です。

また、スーパーでもらうことができるものは、賞味期限が明確でないため、ペットボトル入りのように開封後どれくらい持つのかが分かない、その点においても品質に対する不安はぬぐい切れません。

一方でウォーターサーバーの水はミネラルウォーターや天然水など種類が豊富であるだけでなく、有料である分その処理もしっかりと行われており、安全性においてスーパーなどでもらえるものよりも優れているといえます。

また、ウォーターサーバーの場合は、定期的に配達されるペットボトルに賞味期限などが記載されているため、開封後どれくらい持つのかといったことも分かりやすく、安心して消費することができます。

ただし、ミネラルウォーターのようにミネラル分の含有量が多いものの場合、赤ちゃんに飲ませると下痢などの症状を引き起こすこともあるため注意が必要です。また、開封後一定の時間が経過したものは賞味期限内であっても子どもには害が及ぶ場合もあるため、ウォーターサーバーであっても、その水を子どもに飲ませる場合は、開封後間もないものを与えるようにしましょう。

ウォーターサーバーは家まで運ぶ手間を省ける

スーパーなどで水をもらう場合、大型のペットボトルなどの容器を持参しなければならないだけでなく、重たいペットボトルを頻繁に自宅へ運ぶ上で大きな手間もかかり、子育て中の方にとっては大きな負担となることも考えられます。

一方でウォーターサーバーは、殆どの場合業者が定期的に大型のペットボトルを配達してくれるため、それらの手間を省くことができ、有料であるという点を考慮しても、非常に大きなメリットです。

また、ウォーターサーバーの中でも水道直結式のものの場合は、重量のある大型のペットボトルを交換する手間も省けるため、さらに大きなメリットを実感することができます。

ウォーターサーバーならではの機能も充実

近年ではウォーターサーバーの種類も非常に多くなり、さまざまな機能が搭載されるようになりました。中でも内部に温熱器を搭載したサーバーは非常に多くなっており、いつでも熱湯を出すことができるという点は子育て中の方にとっても、ミルクや離乳食を作る際などに便利です。

また、最近ではサーバー内部に自動洗浄機能を搭載することで、内部の衛生状態の管理が自動で行えるものも増えているため、衛生面への不安も解消することができます。

これに対して、スーパーなどで設置されているサーバーは、不特定多数の方が使用するため雑菌が繁殖している恐れもないわけではありません。また、もらった水の過熱などは当然コンロやポットを使用して自身で行わなければならないため、その手間の多さも大きなデメリットです。

これらの機能によるメリットはウォーターサーバーを使用した際ならではのものであるため、スーパーもらう場合と比較しても、その活用方法は多岐にわたるということができます。

まとめ

このようにウォーターサーバーを使用する上では利便性や安全性などにおいて多くのメリットを実感できるため、特に子育て中の方にとっては、スーパーで無料の水をもらうよりもウォーターサーバーを導入する方がおすすめです。

また、ウォーターサーバーには大型のペットボトルを使用するボトル式と水道に直結させて使用する水道直結式の2種類が存在するため、生活スタイルなどに合ったものを選ぶようにすると、より利便性の高さを実感できます。

最後に子育て中の方にもおすすめのボトル型ウォーターサーバーを取り扱う業者をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ業者選定時の参考にしてください。

おすすめのウォーターサーバーとは?

水道水は塩素などが入っているため、水本来の味を楽しむことはできません。赤ちゃんがいる家庭では、夜に赤ちゃんがミルクを欲しがったときは水道水を使う場合はお湯を沸かす必要があります。そこでおすすめなのがウォーターサーバーの活用です。なかでも自宅でいつでも高品質なおいしい水を飲めるCoolQoo(クールクー)がおすすめです。

CoolQooは水道直結型なので、従来のような思いボトルをセットする必要はありませんし、ボトル自体が存在しないので交換する手間やそれを運搬する人件費もかかりません。これまでのウォーターサーバーの常識を覆す次世代のウォーターサーバーなのです。

また、CoolQooは一度設置してしまえば本体のリース代のみの負担で済み、そのほかの変動費はかかりません。さらに自動洗浄機能によりいつでも清潔な水を飲むことができるだけでなく、プロのスタッフによる定期的なメンテナンスによって衛生面の不安を解消してくれます。

CoolQooのウォーターサーバーはこちら!

ボトル型ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、おすすめのボトル型ウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:フレシャス

フレシャス
初期費用無料※一部条件付き
月額費用サーバー300円(税抜き)~、水925円(税抜き)~
電気代月約330円~950円
メンテナンス代無料
解約金ご契約後またはサーバー交換後、9ヶ月未満でご解約された場合、税込16,200円
9ヶ月経過後、2年未満でご解約された場合、税込9,720円

フレシャスは、軽量パック式で簡単にお水交換ができることが特徴のウォーターサーバーです。

従来のボトル式は重量があり、女性や高齢の方にとってはお水の交換が負担になってしまう一面がありましたが、フレシャスであればそういった心配はありません。

また、グッドデザイン賞を受賞しており、インテリア性が高い点も人気のポイントです。自宅にウォーターサーバーを設置したいけれど置き場所に余裕がない、という方は少なくありませんが、小さな卓上型タイプもラインナップされているので、置き場所を選ばないのも魅力となっています。

天然水も富士・朝霧高原・木曽の3種類が用意されており、それぞれ味や成分量に違いがあるので、好みに合わせて選ぶことができます。

2位:コスモウォーター

コスモウォーター
初期費用無料
月額費用1,900円(税込2,052円)※水12L
電気代約465円
メンテナンス代定期メンテナンス不要
解約金規定利用期間(2年)満了前に解約もしくは交換を希望される場合、解約に9,000円(税込9,720円)、交換に5,000円(税込5,400円)

コスモウォーターは汲みたての天然水であることを売りにしていて、採水したばかりの水をボトルに詰め48時間以内に出荷をしてくれます。

採水敷地内の地下深くから毎日汲み上げているので新鮮であり、溜めておいた水をボトルに詰めて出荷しているのではないので鮮度が全然違います。

ボトルにも工夫をされていて、密封形となっているため外気に触れづらくいつまでもクリーンな状態を保つことができます。

水の品質の高さは世界も認めていて、モンドセレクション2017年度金賞を受賞、アクアソムリエが美味しい水と認め、天然水の宅配のウォーターサーバー売上ナンバーワンという実績があります。

このように水自体の美味しさと実績の高さが、コスモウォーターの魅力となっています。

3位:アルピナウォーター

アルピナウォーター
初期費用無料
月額費用サーバー572円(税抜き)~、1,050円(税抜き)※水12L
電気代概ね電気ポットをご使用の場合と同程度
メンテナンス代無料
解約金サーバー設置後1年以内にサーバー引上げを行う場合は、4,762円(税別)

アルピナウォーターふたつのサーバーがありどちらにも共通するのが温水・冷水機能が備わっていて80度以上のお湯、10度以下の冷水がすぐ使える機能です。

いつでも温かいお茶やコーヒーを飲むのにも使えますし、新鮮で冷たいお水を飲むのにも便利です。

エコサーバーは機能が充実していて小さな子供がいても安心のダブルチャイルドロック、サーバー内をきれいに保つ自動クリーニング、電気代の節約につながるECOモードが搭載されています。

ボトルサイズは3種類ほど用意されていて、軽量で持ち運びがしやすい8Lのものにスタンダードな12L、たっぷり大容量で水の使用量が多い家庭や事務所の設置に最適な18.9Lの3つがあるので用途に合わせて選ぶことができます。